在留資格「特定技能」について

在留資格「特定技能」の概要

生産年齢人口が減少を続ける日本において、人手不足は深刻な問題となっています。
そこで平成31年4月より新設された在留資格である「特定技能」により、深刻な人手不足に陥っている特定の14業種において一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人が就労できるようになりました。

特定技能1号の資格で就労する外国人に対しては在留中に職業生活上、日常生活上および社会生活上の支援を受け入れ企業が行う必要がありますが、当組合は登録支援機関として登録を受けておりますので、受け入れ企業様から委託を受けて、それらの支援を代わりに行うことができます。
(登録番号:19登-002928)